月別アーカイブ: 2015年12月

国語力アップに学習塾を探しています

義姉から「うちの子、ヤバイかもしれない・・」と相談を受けました。どうやら兄夫婦の長男の成績が低い様です。特に文系がひどいらしく、国語系は軒並み低評価。義姉は「あの子が小さい頃に、絵本の読み聞かせをきちんとしていれば良かったわ・・」と落ち込んでいました。やっぱり関係があるんですかね?

テストの点などを聞いたら、あまりに壊滅的なのですが、まあ唯一の救いは本人にやる気があることですね。その気持ちが空回りしてる様ですが、きちんとした勉強法が分かればうまく行く感じもしています。

となると、塾か家庭教師が必要ですよね。義姉は国語力に効く学習塾を探しているところだそうですが、あまり良いところが無いみたいですね。「大人数が教室に詰め込まれて、ただ講師の話を聞いてるだけなのよね。出来たらマンツーマンの方が伸びるだろうけど、それは難しそうだからせめて少人数制のところに行かせたいの」と言っていました。

我が家の子供たちはまだ幼稚園児。塾の情報なんて知らないけれど、少しでも情報をつかんで力になりたいと思っています。なにより、甥っ子は小さな頃から知ってるので役に立てたら嬉しいですね。ネットでリサーチしつつ、ママ友にも聞いてみようと考え中です。どうか良い塾が見つかりますように!

センター入試内容が変わる

マークシート方式で一辺倒だった大学受験センター試験、どうもこれが変わるみたいですね

まずは国語と数学みたいですが、記述式問題が追加されるみたいです

記述式になると、本当に理解しているかどうかや国語力が試されることになります

学校の試験ではそうなんだろうけど、これが全国的に導入されると大変なことになりそうですね

もちろん記述式がいいのは誰もが分かっていること、本当の学力が分かりますからね

ただ解答を判断する人が必要になるのは当たり前で、誤判断も出てくるかもしれません

点数で判断されるセンター試験、その点数によって受験できる大学も変わってくるんだから学生にとっては死活問題でしょう

文科省はこれをどうやっていくのか?大学側もどう判断していくのか?

私が大学受験をしたときはセンター試験も何もなかったですけどね

記述式が当たり前でそれで文句が出なかった、まぁ当たり前のことでしたね

マークシート対策しかしてこなかった今の学生、ちょっと大変なことになりそうですね

毎日歯を磨くのは当たり前、だけど歯の手入れというのはやらなく他はいけないものですよね

歯石やホワイトニングもあるだろうし、やっぱり虫歯とか歯周病の予防もありますよね

私も30歳になるちょっと前からこの歯医者通いをしているんですよね

最初は虫歯から始まったんですが、それが部分入れ歯になり自分の歯がどんどん減っていってしまったんです!今ではインプラントも考えないと・・・

ご飯を食べなくてはいけないから悪い歯は抜いていったんですがどうもこれは間違いだったみたいです

たとえ虫歯でも抜かなくても削らなくても治る場合があるんですね!これには驚きでしょう

もちろん歯医者さんにもよるのですが、なんと代々木にある山田歯科医院がそうなんですよね

内科とかのかかりつけのお医者さんはあるけれど、歯はないという人が多いはず

ここは歯のかかりつけのお医者さんになれるところなんです

痛くない歯医者というだけでも魅力的ですけどね